「働く場所は宝くじ、飛び込んでみないとわからない現実」 blog 100th

未分類
03 /19 2017
こんばんは!ガンホーです!

imageU7BH2D91.jpg

なんだかんだで節目の100回!祝!!!
途中で止まってしまったけど、消さなくてよかったし、
残していてよかった!だって、過去の記事がその時の考え方とか、
その日思った、感じたことの記録になって振り返れる材料になるし、
長い目でみれば人生の資産にもなりますので!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日曜日に感じる喪失感が半端ない汗
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無題

自分がいる今の環境、多くの社会人にとってのそれは会社です。
その中で自分の置かれている立場で悩み、週末が終わりに近づくに
つれてびくびくしている人、多いのではないでしょうか?
たぶん少なくはないはず汗、
だって、、、わたしもそんな中の一人ですから笑

金曜日の週末を迎える安堵感と日曜日の陽が沈むときのテンションの
ギャップときたら、、、半端なくデカすぎる。笑えるくらいに笑。
でも、実際は笑えないんだけど。。。

正直、自分の今いる環境が自分ではない他者が作り出した場所って場合、
特にそれが組織って形になると自分でコントロールできない部分が
圧倒的多いんですよね、当たり前ですけど。

組織の中で何も変えられないし、特段の権力も持ち合わせていない
圧倒的弱者な私ですが、これまでの社会人生活で痛感したことが
ありますので散文になりますが、雑記的にそのことを今回は書きます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境は飛び込んでみないとわからない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
image.jpg

働く環境って、正直、宝くじのようなものだと思ってます。
自分にとっての当たりをひくことって正直かなり難しいというか、ほとんどない。

食べ物も食べてみるまで本当の味がわからないのと同じで時間を過ごす環境も
実際、その場所である程度の時間を過ごしてみないとわかりません。

でもでも、求人情報とか、会社情報とかって会社側がたくさんの人に
集まってほしいから、当たり前だけどすごくいいイメージで書かれています。

その通りだったら鬱とか体調不良で会社行かなくなる人いないはずだろ!と
思ってしまうくらいに笑

自分に合わない環境って当然あります、だから、環境に馴染めないとか、
パフォーマンス発揮できないってことをすべて自分の責任とは思わなくて大丈夫。

努力とか根性とか言うレベルでは対処しきれない場合があります。
これは相性の問題なのでいくら努力しても合わせようとしても
結局、合わないものは合いません。

口に合わない食べ物があるのと同じだと思っていた方が
精神衛生上いいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
転職を悪いことだと思わない、
むしろ新しい経験を積めることだと思う

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
imageM327JLBH.jpg

会社に長く居れば居るほど、いろいろとしがらみが多くなるので
そこから離れることは簡単なことではありません。

わたしは転職を2回しています、2社目は諸事情により1年程度で
退社しましたが、入社以来、気にかけてくれていた上司、同僚の方々などに
退社の旨を伝えることは、1年足らずの在籍でも、初めて好きな人に
告白するときと同じくらいドキドキしたし、緊張したものです。

ましてや学校を卒業して入社した1社目は7年以上も
お世話になったところなので上司に転職のため、退社させてほしいと
伝えたときは、緊張のあまり吐きそうになりました。(初恋の告白以上かも)

1社目は経済的な面、仕事の内容の面でいろいろと思うところがあり、
正直満足していなかったため、ステップアップを目的に環境を変えることを
決意したのですが、最初に感じたあのなんとも言えない罪悪感(汗)

でもでも、そのときは環境を変えない限り、自分の思いとか目標とか
なりたい姿とかとかには絶対になれないとわかっていたので気持ちを切り替えて
「わがままになろう!」と決めました。

属している組織、特に長く属している組織を自分の都合、
それも100%自分勝手な都合で離れることって帰属意識の
めちゃめちゃ高い日本人にはすごく抵抗のあることだと思います。

でも、今とは違う場所で過ごす時間、仕事、遊びって
当たり前ですけど必ず新しい経験になります(実際、自分はそうです)。

経験したことって必ず何かしら肥やしになるんです、
その時はわからなくとも。

だから、成りたい姿があって転職しようかと迷っているなら、
新しい経験を積める、そして、キャリアのステップアップに
つながると思って、「勇気」を出して転職活動を是非、始めてほしいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゴリゴリ押し込んでくるボス猿の話は
2割程度に聞きましょ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
image7MVKEG3T.jpg

絶対の自信をみなぎらせ、「100%、俺は正しい」という感じの
断言しまくる系のボス猿っていますよね(笑)

それ系の人は経験にものを言わせてくる感じなので往々にして
一理あるのです。
しかし、あまりに高圧的、且つ、絶対的な発言なので
気の弱い、人の好い人はすぐに影響され、引っ張られてしまうんですよ汗

一理はあるかもだけど本当にその人の言っていることに
納得できる、共感できる、友達にいい話として言える話か、
一度考えてみる必要があると思います。

影響されたい人は自分で選ぶことができるんです、だから、一度冷静に
なってボス猿の話を本気で聞かず、話2割くらいで聞いてほしいですね。

そうじゃないと結構な確率でボス猿の世界観に引っ張られます。
そして、染まりたくないのに染まっていくんです。

染まりたいと思える人は選んでください、マジで!!
5年後の自分が変わってきますから!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
image22.jpg

働く場所は事前情報としてどんなにいい話を会社とかから聞かされていても
実際、飛び込んでみないとわかりません。だから、宝くじなわけで汗

自分ではコントロールできないと認めることって意外と大事だと思います。

思い通りにしたいと思ってしまうことが人にはあるので元から知っていたら
「ならどうしよう?」って思考にもなるし、感情的にもそんなにならないはず。

会社の仕組みを落ち着いて考えてみましょ~♪
では、また!!
スポンサーサイト

「場を変えることを決めた日」 blog 99th

未分類
03 /18 2017


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

約1年ぶりの更新。
改めましての方々、はじめましての方々、
このブログを拝見していただき、ありがとうございます!

振り返ってみれば、仕事に忙殺されたと言い訳し、
ブログ、メルマガを完全放置。。。

それもあってかブログを書くことで習慣化されていた、
内省→行動→挑戦(小さいけど)というサイクルが徐々に崩れ、
悶々とした日々に逆戻り。

「このままではいかん!」と思い、以前のような習慣を
取り戻すべく、スモールステップですが、ブログを
再開するに至りました。

中2レベルの意識、そこからの文章は自分で書いていても
拙いと思いまくりなのですが汗、、、それでも自分を前進させるため、
がむしゃらに書いてまいりたいと思います!

まずは一日一歩から始めていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〇近況報告

一昨日は、シンガポール在住のMさんとSkype。
気がつけば2時間半を超えるロングトークとなりました(笑)
(オールナイトニッ○ン以上です笑)

Mさんがご自分の人生をご自身の意志、足で自分らしく、
そして、悔いなく、生きておられる感覚がバシバシとSkype中、
画面越しに伝わってきて、
「ワシ、自分の人生、自分の意志で生きとらん、全然、、、汗」と
痛感し、背中に発汗(笑)

自分からの情報発信が止まって早や、数か月、、、汗。

仕事が多忙になったと自分に言い訳し、何もしていなかった日々。。。
その間、知らず知らずのうちに鬱屈し、未来にも自分にも
希望を持てなくなっていたように思います。

「人生二度無し」、最近では「You only live once」と言いますが、
自分の意志で自分らしく生きることが今の自分には必要であり、
「今を生きる」ことをしなければ自分でなくなってしまうとわかりました。

かなり硬い内容になってしまいましたが笑、
自分らしく生きるため、これまでとは違った行動、
時間の使い方をしていきます!

今回お話しさせていただきました時間は2時間半でしたが、
私にとってみればここ数か月以上に価値ある貴重な時間となりました!

今回の時間を5年後、振り返ってみた時、自分にとって大事な機会に
なったと言えるように行動していきたいと思います!

目を覚ましていただき、ありがとうございました!

Mさん、「You only live once」でこれからも悔いなく、
お仕事もプライベートも楽しんじゃってください!
今後、更なるご多幸とご健勝をお祈りしております!

またタイミングをみてSkypeさせてください!
今後ともよろしくお願いいたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Mさんは最近、ブログをスタート!
ブログはこちらから!
http://chinese-from-zero.blogspot.jp/
中国の習得のため、中国語のレッスンを開始されたようで
その歩みを記録されていらっしゃいます。
明るく、めちゃめちゃ元気な文章ですので
是非、一度見てみてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、本題に入ります。


今回はMさんとSkypeをさせていただく中で
得られた気づきと決意を書きます。


「易きに流れる」という言葉があるように
意志が超絶固い人でなければ、人は周囲の環境へ
影響され、容易な方へと身も心も流れていくものです。


故に秀才でもおバカな集団にずっといれば、
おバカになってしまうということ。


逆に場が人を作るという言葉もあるように
良くも悪くも人は環境に影響されやすい生き物のようです。


今回のSkypeではこの意味を強く再認識させていただきました。


今、自分のいる場所は自分にとって身も心も脳みそも、、、
つまり全身をストレッチできる環境にあるのかと。


そんなことを考えてみたとき、答えはすぐに出ました。
「今いる場所は自分にとってストレッチできる場ではない。。。
それは今もこの先もかわらないだろう。」と。


今自分がいる環境をすぐに悪いとか、合わないということが
よくないことなのは百も承知なのです。


しかし、これは後ろ向きの考えではなく、あくまで
前進のための考え。


そして、人生に二度はない。
時間はお金よりも尊く、過ぎれば絶対に
帰ってこないものなので自分の取り得る道は、、、
「易きになじまず難きにつく」であると決めました。


「易きになじまず難きにつく」とは、
三菱財閥2代目当主、岩崎俊彌の言葉。
(彼は岩崎弥之助の次男であり、三菱の創始者、岩崎彌太郎の甥)


今自分のいる「場」とは、仕事、付き合っている人、
住んでいるところのすべてを指します。


これらを変えることは傍からみれば、とんでもなく
困難でめちゃめちゃハードなことかもしれませんが、
わたしはそちらを選ぶと決めました。


だって人生に二度はないから。


こんな素晴らしい気づきをくれたMさんに感謝し、
毎日一歩一歩、目標に向かって歩きます。
行くぜ!


最後まで、お読みいただき、
本当にありがとうございました!

明日も明るい「未来」へ向かって
「人生」を楽しみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「動き出せないのは完璧な準備をしようとするから」 blog 98th

未分類
02 /28 2016
最近、ある方とお話をさせていただき、

感じたことがあるのですが、

それは、行動をしたいけれど、

出来ていない、或いは、

出来ないという原因の一つに、

完璧な準備を整える必要があると考えることも

含まれるのではないかということです。


完璧な準備が必要と考える方の多くが、

自分に厳しく、それが故に、妥協といいましょうか、

ある程度のところで目途をつけることが

出来ないように思います。


その為に、準備に意識がいき、

完璧な準備のためにと、

やることが次々と増え、それだけで精一杯となり、

中々、本来の目的、目標に向けた実行動が

取れていないように思います。


リスクが考えられること、

例えば、渡航の是非を検討すべき国への旅行とか、

マラリアなどの感染症などが考えられる場所での就労、

或いは、起業や個人事業主となることもそうかもしれません。


リスクが考えられることには、

当然、それ相応の準備が必要ですし、

何も準備しないのは、不勉強極まりないことですので、

準備は必ず必要だと思います。


しかし、完璧な準備を求めていたら、

いつまで経っても

目的、目標に向けた動きなど取れず、

時間ばかりが過ぎていくことにもなるはずです。


準備を整えるレベルは、

自分の目的、目標によりますが、

例えば、ハワイ観光へ行きたいとして、

英語が話せるようになってから行こうと

考えなくても、ハワイの観光スポットでは

日本語も多少通じるわけですから、

観光という目的であれば、

それほど語学習得に準備は要らないはず。


目的、目標とすることによって、

準備する内容、期間も変わってくるはずですが、

リスクがそれほどもでないことならば、

見切り発車した方がよいこともあるでしょう。


準備することが目的、目標ではないはずなので、

何のために何をするのかということを

考えて続けていくことが必要かと思います。


準備が足かせとなり、

目標、目的に向けた行動に

つながらないということだけは、

避けるべきであり、そうなってしまったら、

元も子もなくなるのですから。


明日に繋げます!

本日は最後まで、

お読みいただき、

本当にありがとうございました!
(ブログ終了ではありません(笑))


今日も明るい「未来」へ向かって

「人生」を楽しみましょう!

「自分が苦しんだことが他人の役に立つ」 blog 97th

未分類
01 /01 2016
これまでに自分自身が、

親、兄弟、友人、学校や会社の先輩方から

いただいたアドバイスは、

どれもその人が苦労したり

大変だった経験をもとにしてくれたものが

多かったように思います。


それは、

アドバイスしていただいた方々にとって

教訓となっていることだったので、

未熟な私へ教えてくれたのだろうと思います。


自分を含め、

人は他者へアドバイスをするとき、

自分の経験に基づいてすることが多く、

「自分の経験では、こうだったから、こうした方がいい。」

という話の流れになることが常。


ぶっちゃけ、

アドバイスをくれた人が信用できる人ならば、

そのアドバイスには従ってみる方がよいと思います。


だって、

自分が経験するかもしれないことを先に経験し、

わざわざ、経験したからこうだったとか、

ああだったとか言ってくれているのですから。


しかし、

アドバイスを聞くことってそんなに簡単ではありません。


自分のやり方でやりたいし、自分のやり方がいいと

信じているところもありますので、

それを壊すのってそんなに簡単ではないはずです。


でも、アドバイスをする人は、

失敗しそうなやり方とか考え方を知った上で

言っていることが多いのでアドバイスに従わなかったら、

中々うまくはいかないはず。


人の話を聞くことは我流を捨てることにつながるので

難しいように思います。
(だから、努力が必要なのですが(笑))


本気で自分の掲げた目標を達成したいのであれば、

失敗しそうな我流を捨て、人のやり方に従ってみるというのは

至極当然のことかもしれません。


アドバイスとは、

自分の経験を基にした相手への助言であり、

自分の苦労がそこには詰まっています。


だからこそ、自分が苦労したことは、

他人の役に立つはず。

そして、そのことを、

アドバイスする側、される側が知っているのと、

そうでないのとでは全然結果も違ってくることでしょう。


自分の苦労を苦労で終わらせるより、

他人の役に立つ方が100倍良いはずと

思っております。


明日に繋げます。

「人は『疲れた』と思ったときだけ疲れる」 blog 96h

未分類
12 /19 2015
動きまくって、考えまくって、

それでも、

疲労を感じていない時、

まだまだやれると思える時、

それはまだ精神の限界を

越えていないからでしょう。


とは言え、

肉体と精神の関係では、

肉体の限界よりも精神の限界の方が

圧倒的に早いようです。
(すぐに諦めてしまう症候群ですね(笑))


格闘技のムエタイで聞いた話だと、

強豪のタイ人選手と対戦する場合、

基本的にタイ人を気絶させなければ、

勝つことは難しいらしいです。


それは、強いタイ人の選手ほど、

心が折れないから。


心が折れないから何度でも立ち上り、

闘うそうです。


だから、気絶までさせないと勝つことは

難しいとのこと。


ということは、

人は基本的に心が折れなければ、

動き続けることは出来ると言えるでしょう。
(ちゃんと寝ることが前提ですが(笑))


でも、

逆に心の部分がボキボキに折れてしまえば、

どんなに強いムエタイ選手でも、

気絶をさせる必要などなく、勝つことは出来るのです。


故に、

疲れたと感じ、歩みを止め、

それ以上進まなくなったとき、

実はボキボキと心が折れているのです。


そう考えると、

動き続ける、考え続けるには、

心が折れないことが重要になってきますね。


本日、紹介しましたほんの著者である、

桜井章一氏も

負けの9割は自滅と言っておりました。


疲れたと認識するより、

「今日の俺、良くやった!!」

と自分で自分を褒めることの方が

遥かに前向きで健全のような気がします。


疲れない人なんていないし、

休まない人もいません。


大事なことは疲れ、休んでも、

また、動き出すこと、

そして、休む前と同じ速度で

走ることだと思います。


疲れたと思うより、

自分への労いの方が大切と思う次第であります。


明日に繋げます。

ガンホー

はじめまして!ガンホーです。
ガンホーのFC2ブログへようこそ!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。