FC2ブログ

「平凡な選択だからといって、平凡な結果になるとは限らない」 blog 32h

未分類
06 /30 2015
こんばんは、ガンホーです。


現在、カレー作りに夢中な私。

特に市販ルー使わないカレー作りにハマっております。
辛いて美味しいカレーを食べて、
暑い夏を乗り切りたいものです。



■ふと、今日、頭に浮かんだイメージというか、メッセージを書きたいと思います。


「自分の生い立ちや周囲のとの生まれもった格差、自分では、
変えられない初期設定に対して、どんなに絶望を感じ、嘆いても、
時は流れ、人生は始まり、進んで行く。その中で、人は、
何かを得たり、何かを捨てたりしながら、人生を歩んで行く。
初期設定のイメージから、自分の選択肢が、自分の中で、仮に
平凡だ思うものだとしても、選んだ結果が平凡になるとは限らない。」



■かなり長いメッセージが頭に浮かびました(笑)


これは、実体験からの影響もありますし、
自分で選んだ事から生じる結果は、想像の範疇の
ものでは、必ずしもないのです。



■流行や世の中の空気、人の感性等々・・・


選択が生む流れが波及し、渦を巻く要因は様々ですが、
自己の選択肢における前提条件として、初期設定を
忘れてはなりません。



■どんな人でも持ち駒は、限られており、


その駒をどう使うかは、その人次第。


そして、持ち駒は、一人一人、当然、異なり、
自分一人だけのもの。



■どう駒を進めるか、どうか、すべてを決めるのは、完全に自分。


これまでの世間一般の見立てから、弱そうな駒でも、周囲の状況や
使いどころをわきまえているか、どうかで、そのような駒でも大化けする
可能性は十分あります。



■生きる熱、人生にともす炎は、持ち駒だけでは決まりません。


主体的に、自分がどう、選択を行えるかが、
大切だと思うのです。



■これは、将棋や麻雀、カードゲームなどに仕組まれている


エンターテイメントの要素のように思います。


いかに、今の自分を悲観せず、駒を進められるか、
そして、いかに、諦めることを考えないか、これを
自分の中で問いていきます。



いつか追いつきます、今日はこのへんで。
スポンサーサイト

「時にはリスクを恐れず、行動せよ!!」 blog 31th

未分類
06 /29 2015
こんばんは、ガンホーです。


現在、肉体改造に夢中な私。

特にコアトレーニングにハマっております。
ジムでのトレーニング後に動けなくなるくらいの
疲労感と達成感がたまりません。



■本日、おススメしたい名言は、


「リスクを恐れ動かないなんていうのは年金と預金が頼りの老人のすることだぜ」

賭博黙示録カイジ 57話 
遠藤勇次




■本日、自己投資の為の決意と行動をしました。


具体的には、目で見える有形のものに対しての
投資ではなく、見えない無形のもの、今後の自己財産に
なりえることへの投資になります。



■お金も肉体も精神も、ダブつかせていては、淀み、濁るだけ。


そんなことは、以前から気がついてはいたのです。
しかし、この言葉を再度、読み返し、気持ちが固まりました。



■リスクとは、その言葉だけが、頭にあると、


動き出すことが、大変恐ろしく、その対極にある、
安定がとても魅力的に見えるものです。



■しかし、この世の中は、不確実性の産物で構成され、


不連続でもあり、まるで、日々の川の流れのように、
一時として、同じ顔はありません。



■そのような、不確実性の産物に対して、


主体的に、自分がとれる行動が、自己投資でした。


目先のお金を大切にするか、それとも、将来、
キャッシュフローを出来る自分になるか、この判断の
文脈は、二つとも正しいのでしょうが、前者から
生み出されるものはないということは明白です。



■自分が老人であれば、きっとそんな考えにもなるのかもしれません。


ただ、今の段階で、私は老人ではない。
ならば、まだまだ、投資したお金をペイして、増やすことの可能性も
行動次第であるはず。



■小さいお金を動かせなくては、大きなお金を動かすことは到底できません。


多少の金額でビビッていて、それ以上の額を動かそうなんて、
出来るはずがないでしょうし、そもそも、そのような、心構えならば、
自己投資などはしない方がいいでしょう。
自己嫌悪にもなりませんから。



■しかし、私は思うのです、


自己をタブつかせて、一体「何」を「いつまで」待つつもりなのだと。


幸せや感動は一瞬ですが、それは、空から降っては来ないのです。
そのためか、「待つ」とは、「無為」のようにも思います。


私にとっては、まだまだ、小さい一歩ですし、
これから、課題を整理し、方向性も自己で見出さなければ
なりません。


簡単ではない、だから、面白いと思うのです。



いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「目指すは無双! まずは、私という名のブランド作りから」 blog 30th

未分類
06 /28 2015
こんにちは、ガンホーです。


現在、職場は異なりますが、以前、同じ職場だった先輩と
久しぶりに電話をさせていただきました。
最近、管理職へ出世され、お祝いも兼ねての電話でした。



■電話の後に色々を考えをめぐらせ、得た気づきは、


「人の上に立つ人とは、下からも上からも慕われ、
周囲から高い信頼を得て、自分というブランドを、自然的か、
意図的かはあるにせよ、結果的に確立している人。」




■人としての個性が強ければ、


広告でいうキャッチコピーはつけやすいでしょうが、
それだけでは、個人のブランド化は出来ません。



■個性だけでは、変わりゆく時勢の中で、


すぐさま駆逐、淘汰されていくのは、明白。



■そうならないためにも、時勢という濁流に流されないためにも、


一朝一夕では得ることができない、「信頼」という、
大きな礎を手に入れる必要があります。



■大きな礎を得るためには、


日々の愚直な努力と周囲と家族への気遣いと感謝、
自律維持の積み重ねが必要だと私は思います。



■そのような、「日々の過ごし方」からしか、


「信頼」へつながる「チャンス」は生まれませんし、


「チャンス」⇒「信頼されている人からの信頼」⇒「周囲への信頼の波及」


このような流れが加速していけば、大きな「信頼」につながるはず。



■また、ブランド化の必要事項として、「信頼」以外で、


固有のスキル、思考、これまでの経験など・・・
総称としての固有技術の確立も必要です。



■個々の「固有技術」において、他者では追いつけない、


思考のスピードと専門知識を含めた思考の占有率を持ち合わせること、
これこそが、ブランド化、そして、二つとなく、並ぶものがない「無双」という
ポジションに近づくためのターボチャージャーとなるはず。



■「信頼」というエンジンと「固有技術」というターボチャージャー、


この二つが相乗効果を生み出した瞬間、人生において
F1並の馬力とスピードをもたらしてくれることでしょう。


尊敬する先輩は、これが自然と出来ており、
周囲と加速度が異なっておりました。
近いうちにきっと「無双」のポジションへ到達されると
思いますし、到達していただきたい方です。


私は、「無双」を目指し、そのためには、まず、自身が、
一つのブランドになるように、日々の精進に徹します。



いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「泣き言は二回まで!目の前の現実にはまばたき厳禁!!」 blog 29th

未分類
06 /27 2015
こんばんは、ガンホーです。


最近、引越しをしまして、広い部屋から狭い部屋への
移動となり、荷物の整理に困っている今日この頃です。



■愚痴や思い出話、過去のことに思いを巡らすことは、


時として、必要でしょうが、それが、自分の快感になっている場合、
脳における一つのバグ現象が生じていると思います。

そんなことを突き付けられた一言は、


「泣き言で人生が開けるか…!語ってどうする…?
いくら語っても状況は何も変わらない…!」


賭博黙示録カイジ 1巻 利根川幸雄



■総括、振り返り、体験から経験への昇華などなど、


過去に対して、真摯に向き合い、自分の中での
学びを最大化することは、とても大切です。



■しかし、過剰なまでに過去を美化し、


過去にとらわれていていることは、一つの
脳内ループ、つまり、ゲームでいうところのバグ。



■このバグは、痛みを伴わず、


刹那的快楽を時に与えてくれるため、
陥り易いもののように思います。



■このバグに陥ると、目の前の現実を、


正確に認識出来ないようになり、
思考と感情へ影響し、判断の遅れや
認識不足で、結果としてのアウトプットにも
いい影響は与えません。



■解決方法としては、取り上げた言葉にもありますように、


泣き言を二回以上、口に出さないことです。



■泣き言を続ければ、


言葉から思考⇒感情⇒戦意喪失・・・
といいことはありません。



■苦境の時こと、今という現実を、


まばたきせずに見る、気合と勇気を持つことが、
大切だと思います。


まばたきなしの日々には、時々、目薬という、
自分へのご褒美を忘れずに(笑)


いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「理論と感情と」 blog 28th

未分類
06 /27 2015
こんばんは、ガンホーです。


今日は、最近知り合った、自分よりはるかに若く、
仕業、起業について志の高い方と会食をしました。



■彼との会話の中で得た気づきを書きます。


「人に対する奉仕もすべては自分のため、そして、
個人の持つ欲求こそが、大きなエネルギー源となる。」




■若いということもあるのでしょうが、


この言葉は、自分の中でも理屈が通り、
建前としての意見と本音としての意見も入り、
納得するところが大きかったです。



■人間とは、結局、どんなに理屈でわかっていても、


感情によって動する生き物。



■しかし、感情だけでは納得できない部分もあるはず。


ならば、行動と感情に訴えることで、人はより行動的になるはず。



■自分自身で常に考え、そして、自分に嘘をつかず、


包み隠さない感情を持つことは、自分自身を
最大に鼓舞する要素のように私は思います。



■人を動かすことと自分を動かすこと、


その関係には、相反するものもあるでしょうが、
当然として、共通項もあるはずです。



■この共通項こそが、


理論と感情に訴えることだと、本日、感じました。



■どれだけ理屈を唱えようが、


どれだけ感情に訴えようが、効果が出ないときは
出ません。


だからこそ、その二つの掛け算が必要になると
思います。


本日はここまで。


いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「本気の人間は、一人いればいい」 blog 27th

未分類
06 /25 2015
こんばんは、ガンホーです。


最近、体幹トレーニングを始めて、
腹筋がかなりの筋肉痛で、人の冗談を聞いても
中々、笑えません(笑)



■人生の教訓として、最近、些細なつながりから


出会った方から、いただきました言葉、

 
「人が、何かを成し遂げる時、本気の人間が一人いればいい。」



■「本気の人間とは?」ということについて、


この言葉をいただいてから、日々、考えており、
まだ、言語化出来るような言葉に行きついては
おりませんが、今現在のわたしの理解を書きたいと
思います。



■本気の人間とは、


「どんなことがあっても揺らぐことのない信念を持ち、
目標に対し、行動し続けられる人」


というのが、今のところの理解です。



■付け加えるとすれば、


その人の行動により、自然と人の渦ができ、
協力者が自然と発生していく。


歴史上でいえば、マハトマ・ガンジーが、
私の中では、ピッタリきます。



■本当に本気の人は、


正しいと信じたことだけを行っていると
私は思いますし、そのような方の行動には
心を動かされ、感動します。



■正しいと信じたことを、


続けることは大変です。だから、本気の人は
二人と出てくることはないとも思います。



■自分の中の意識が、この言葉を聞いてから、


変わりました。意識のレベル、信念の度合が、
どれほどのところにあるのか、と自問自答が始まり、
目標に対し、行動できるのか、どうか、という意志確認も
自分の中に生まれました。



■今日は最後に、ガンジーの言葉を書きます。


「重要なのは行為そのものであって、

結果ではない。

行為が実を結ぶかどうかは、

自分の力でどうなるものではなく、

生きているうちにわかるとも限らない。

だが、正しいと信ずることを行いなさい。

結果がどう出るにせよ、

何もしなければ何の結果もないのだ。」



目標を達成しようとする試みにこそ、
成功はないと信じ、行動を続けてまいります!


いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「ライバルは見ている!」 blog 26th

未分類
06 /24 2015
こんにちは、ガンホーです。


一昨日、昨日は、ブログ更新をサボりました。


「喝!」であります!
気合いが足りません。
セルフで自身にゲンコツです。


最近、自分で意識していることを
書きたいと思います。



■それは、自分自身で、

 
「圧倒的に差をつけられている
ライバルから常に見られている。」



と意識すること。



■特に、仕事上で


自分では出来ないかも…
一旦、躊躇してしまう
ような時に、特に強く意識する
ようにしています。



■意識する理由は、


ライバルとしている相手に出来ない
自分の姿を絶対に見られたくないという
思いがあるからです。



■自分を甘やかすことは、


いつでも出来ます。そして、厳しくすることも
いつでも出来ます。


しかし、人は弱い生き物です。
わかっていても、中々、厳しくは出来ないもの。



■ならば、自分の中に他人を作り、


その人を意識することで、自分を
律することとしました。



■これが、中々、


効果的な気が自分ではしております。


ちょっとした買い物でも、見られていると意識すれば、
自分の欲求を抑えることも出来ますし、人に対して使う
言葉にも表れてきています。



■初対面の方へは、


自分を律している私だけを、イメージとして、ブランドとして、
与えることしか、今の私には出来ません。



■そんな、ブランド力も乏しい、自分だからこそ、


人とお会いするとき、人前に立つときは、
自分自身に厳しく、自身を律している自分で、
ありたいと思うのです。


ライバルはいつでも交換可能(笑)
しかし、最低でも一か月は、居座っていただいております。


メディアやネット上の人物ではなく、些細なつながりで
知り合った方を中心に、勝手にライバルと・・・
させていただいております。


ライバルとさせていただいている方は、素晴らしい方達なので、
感謝と尊敬の念を忘れず、日々、自分を律して参ります!!



いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「前をむく」 blog 25th

未分類
06 /21 2015
こんばんは、ガンホーです。


先日に引き続き、



■最近読んでいます

 
 【夜の名言】
  コボリジュンコ著



に記されていたことをご紹介します。


 
■それでは、


今回、取り上げる名言、


「いいですか、いくらのろくても、かまいませんよ。
大切なことはね、いつでも前を向いて自分の足で
自分の道を歩くことですよ」

相田 みつを
(詩人、書家) 




■昔から、


相田 みつを先生の言葉には、
胸を打たれ、時に、涙することもありました。



■この言葉は、


今、焦って落ち着きを無くしている人に
読んでほしい言葉です。



■人は、


自分より要領よく、成果を出している人を
見れば、気持ちが焦ります。



■しかし、


自分の決めたことをゆっくりでもいいから、
進んでいこうと思えば、気持ちも少しは楽に
なるはずです。



■そして、


何より大切なのが、顔をあげて前を
向くことだと思います。


どんなに辛くても顔をあげる、そして、
無理してでも笑ってみる。


そんなことでも、少しは落ち着きを
取り戻せるはずです。


日常に自分発、自分行きのスマイルを作っていきます。



いつか追いつきます、今日はこのへんで

「お店は店主を映す鏡」 blog 24th

未分類
06 /19 2015
こんばんは、ガンホーです。


先日、某国道沿いの
ラーメン屋さんに入りました。


その時は下調べもせず、
飛び込みでお店に入りました。


その時の気づきを今日は
書きたいと思います。



■そのお店は、

 
都心にあります、
某有名ラーメン店の
暖簾分けをしたお店の
そのまた、暖簾分けを
したお店でした。
 


■時間帯は、

 
ランチタイムが終わるか、
どうかくらいの時間帯。
 

お客さんはおりましたが、
疎らな感じ。


 
■私は、


カウンターに座り、
注文を済ませて、横を見ると
配膳がされていない丼が二つ。


この丼は私が食べ終えて、
店を出るまでずっと置かれた
ままでした。


お水はセルフのようでしたが、
指示もなし。


店長さん、お一人でやられていて
手が足りないのかもしれませんが、
それ程、混んではいない状態で、
そんな有様。



■その有様を感じた瞬間に、


「やってしまった!」


そして、


「このお店のラーメンは、
美味しくはない。」と
確信しました。


自分の気持ち抜きで、
客観的に食しても、
美味しくはなかったです。


本当です(笑)



■私は、


きっと、この先、このお店に
行くことはないと思います。



■理由は明白、


大前提として、人とものに対し、
細部に気遣いが感じられ
なかったからです。



■これは、


一朝一夕で得られるものではなく、
しかも、店主として経験した
時間により、体得できるものでは
ないと私は思うからです。



■これまで、


その人にどんな経緯が
あるにせよ、お客さんを
相手にする訳ですから、
最高の誠意をもって接客を
しなければならないはず。


そして、それが出来ている
お店はラーメン店など
飲食店に関わらず、繁盛して
いると私は思います。



■魂は、


細部に宿る。そして、
細部に宿った魂こそが、
商品にも、お客様にも
伝わるはず。



■商売やビジネスは、


人様が出来ないことを
自分が行い、その対価として
人様からお金を頂くという
ことのはず。



■人様が出来ないことを行い、


それで生きていくと決め、
また、その行いそのものに
自身が陶酔出来るのであれば、
仕事としては最高でしょう。



■最高の仕事として、


より高見を目指すならば、
お客様の喜びが自分の
喜びになることでしょう。



■ラーメンであれば、


目の前のお客様のために
最高の一杯を提起し、
喜んで頂くこと。


だから、お客様としては、
お金を払ってでも食べたいと
思うようになるはず。



■仕事をし、


社会とつながりを持ちながら、
生きている人であれば、誰でも、
その人次第にはなりますが、
人様に喜んで頂く最高の
サービスを提起出来るはず。



■これは、


綺麗事なのでしょうが、
そんな善の輪が広がって
行けば、より良い社会に
つながるはずです。



■自分が、


自分に何を出来るか、ではなく、
自分が人様に何が出来るかを
考えることが大切だと思います。



いつか追いつきます、
今日はこのへんで。

「過信、ダメ絶対」 blog 23th

未分類
06 /18 2015
こんばんは、ガンホーです。


今日は、一日まるまるオフ。


慣れない早起きのせいか、
若干眠いですが、早起きは
続けていきます!


今日は、お笑い芸人さんの言葉で
心に響いたものを紹介します。


■皆さん、ご存知、

 
 明石家 さんまさん


お笑い怪獣(笑)



■さんまさんの言葉、



「俺は、絶対落ち込まないのよ。
落ち込む人っていうのは、
自分のこと過大評価しすぎやねん。
過大評価しているから
うまくいかなくて落ち込むのよ。
人間なんて、今日できたこと、
やったことがすべてやねん。」

明石家さんま



■私は、


落ち込みやすい性格です。
だから、この言葉を知ったとき、
ドキッしました。



■確かに、


いつからか自分をどこかで、
過信していました。



■だから、


小さい失敗でも激しく、
落ち込むことが多かったのです。



■言われてみれば、


自分が出せるアウトプットの
量も正確にわかっていなかった私。



■何が、


どこまで出来るか、知らない
状態は、変にポジティブに
考えてしまうと、可能性が
無限に広がり、過信へと
つながります。



■今日出来たこと、


仮に小さく、目標に届かなくても
「この現実が、私そのもの」
と受け入れること、そして、
改善点を見つけ、PDCAを
回して行く。


今日の結果を前向きに
とらえるならば、今日は
「これで、いいのだ!」と
思っていいはず。



■完璧主義にはならず、


現実主義を貫き、PDCAを
自分自身に回していきます。


いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「早起き宣言」  blog 22th

未分類
06 /17 2015
こんばんは、ガンホーです。


最近までの生活習慣を見直し、これまでよりも
健康で、しかも、時間を有効に使うことはできないかと、
日々、考えておりました


そこで・・・今までよりも朝早く起きることに決めました!


昔から「早起きは三文の徳」ということわざもあるほど、
早起きをすると、何かしら自分にとって、良いことが
得られると言われています。


早起き宣言もしたことですし、今日は早起きと
そのメリットを考えてみます。



■早起きとは、


朝早く起きること、もしくは朝早く起きる人のこと。


まんまです(笑)



■早起きのメリットとは、


①生活のリズムが整う
②朝食をしっかり食べる時間があるので脳が活性化する
③朝食をしっかり食べることでお腹もスッキリする
④朝の時間があるので心にゆとりが生まれる
⑤朝の時間を趣味に活かすことができる


このくらいかと私は思います。



■これまでは、


どちらかというと夜型人間だった私。


朝起きてもだるいことが多く、食欲もなく、
朝食を食べずに会社に行き、午前中、まともに
動けなかったこともしばしば。



■そして、


近年は身体の疲れと眠りの浅さが顕著で、
慢性的な肩こりと偏頭痛も悩みの種。



■元々、人は、


日の出とともに起き、 日の入りとともに眠ることが、
あたりまえでした。


そして、それが、何十世代にもわたり続いてきました。



■どんなに夜型の生活が、


できるようになったとしても、
やはりひとの身体は、朝起きて
夜眠るように出来ています。



■規則正しい生活をしているひとは、


身体は若々しく、心も健やかな場合が多い。


逆に乱れた生活をしてるひとは身体が痛み、
心にまで病を抱えるケースが多い。



■そう考えれば、


朝早く起き、規則正しい生活は人間にとって、
正しいことだと言えるでしょう。



■朝早く起きれば、


良いメリットを得られるのだ!とただただ思い、
あまり深く考えず、淡々と早起きをしてまいります!


基本はAM4:30~5:00の間に起きます!


いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「つながり」  blog 21th

未分類
06 /16 2015
こんばんは、ガンホーです。


今朝、海外に赴任されています、
元上司の方からメールをいただきました。


「元気にしているか?仕事はどうだ?」といった
何気ない内容ではありましたが、海外で忙しく、
仕事をされている中、こんな若輩者の私を
気にかけていただいていることが、大変嬉しく、
そして、こんな大人に私はなりたいと強く思いました。


本当に有難うございました。


きっとご縁というものは相手の住む場所に関係なく、
続くものは続くのだと思い、このご縁を大切にしていきます。


今日はある歌の歌詞を取り上げます。



■それは、

 
 【奇跡】
  作詞/作曲 さだまさし



歌詞から一部を紹介します。



「どんなにせつなくても 必ず明日は来る

長い長い坂道をのぼるのは あなたひとりじゃない」




■曲を聴き、歌詞を読むにつれ、


人と人とのつながりとその間にある温もりを感じました。



■続けて、


「たった一度の人生に あなたとめぐりあえたこと
偶然を装いながら奇跡は いつも近くに居る」




■この歌詞の関係は、


男女に関係なく、存在するはずです。
また、家族にも言えることでしょう。



■母と自分、


友人と自分、彼女と自分、・・・
自分とつながりがある大切な人との関係、
全てに言えるはず。



■人とのめぐりあわせは、


自分で選ぶことは出来ないことがほとんど。
だからこそ、自分では思いもつかない人との
出会いがあり、それこそが、時に、奇跡に
なるのだと思います。



■文脈から外れるかもしれませんが、


朝起きて、
「おはよう!」と家族や彼女に言うこと。


そんな何気ない、昨日と同じく繰り返される
今日の幸せも、また、奇跡だったりするのだと思います。



■それは、


人との死を含めた別れを考えれば自明のはず。


何気ない毎日、何気ない大切な人の笑顔、
何気ない家族の団らん・・・



■そんな、小さな幸せを、


当たり前と思わず、毎日に奇跡はあるのだと
心に刻み、これからの日々を大切にします。



いつか追いつきます、今日はこのへんで。

「小さなひと押し」  blog 20th

未分類
06 /15 2015
こんばんは、ガンホーです。

暑い日が続いています。
何もしなくても汗がじんわりと出てくる季節。

そんな時ほど運動をして、たくさん汗をかくようにしています。



■最近読んでいます

 
 【夜の名言】
  コボリジュンコ著



に記されていたことをご紹介します。



■まずはこの本、
 

偉人達の名言を読んで、書いて、
自分を成長させるニュータイプの
名言集になっています。


取り上げられている名言も素晴らしく、
励まされることが読んでいて多い本です。


 
■それでは、


今回、取り上げる名言、


「世界を動かすのは、英雄の強く大きなひと押しだけではありません。
誠実に仕事をするひとりひとりの小さなひと押しが集まることでも、
世界は動くのです。」


ヘレン・ケラー
(アメリカの社会福祉活動家) 




■世界を動かすには、


時に、英雄と呼ばれる人たちのひと押しを
社会が求めるでしょう。



■そのためか、


世界は少数の英雄によって動かされているという、
パブリックイメージが広がっているように思います。



■しかし、


果たしてそうなのか・・・??と思うことが
日々、多かったからか、この言葉が心に響きました。



■小さい力かもしれませんが、


自分の正しいと思うことを行えば、
よい影響を周りの人たちに
与えることはきっとできるはず。



■この本を、


手に取った人、そして、このブログで
この言葉を知った人達にお伝えしたいことは、


自分の力をみくびってはいけません。


ということです。



■小さいことしか、


できないからとあきらめず、今、自分に出来ることを
誠実にやれているなら、誇りを持ってください。

出来ることをコツコツと誠実に行っている人を
応援している人は気づいていないかもしれませんが、
きっといます。



■小さいことを、


きちんとできていれば、いずれ大きなことが
できるかもしれません。



■小さくことからコツコツと、


小さくことしかできなから・・・自分はダメだと思わず、
小さいことでも自分の出来ることから行い、周囲の人たちに
よい影響を与えていきます。



いつか追いつきます、今日はこのへんで

「走っているのか、もたついているのか、どっちだ!」  blog 19th

未分類
06 /14 2015
こんばんは、ガンホーです。

今日は自分の興味がある分野で
活躍されている方とSkypeで面談を
させていただきました。

約1時間程、私の興味がある分野についての
お話から雑談にいたるまで色々なお話をさせて
いただきました。

その中で様々な気づきがあり、大変勉強になりました。

お忙しい中、時間を作っていただいたこと、
私の質問に懇切丁寧にお答えいただいたこと、
感謝感謝です。


■気づきの中で最も大きな内容は、

 
自分は今、走っているのか、もたついているのか、
自覚はあるのか?そして、自覚があるなら、どっちなんだ!


というもの。



■日々、それなりに


走ってきたつもりの私。
でもでも、それは自分自身の感覚のみ。



■客観的に、


人から見てもらうと、実際、言われないまでも
全然、歩いているとしか思えない自分が
確認出来ました。
 


■それは、


自分自身のみで決めた目標を
クリアしようとしていたからなのです。



■人は、


明確な時間設定を決めなければ、
行動に移せないことが多いと思います。
夏休みの宿題がいい例でしょう。



■時間は、


一日24時間と決まっておりますが、
人とのつながりで相談、協力を得ることなどは、
お金やキブアンドテイクが成り立てば、可能なはず。



■自分一人で、


走るのではなく、私がランナーだとすれば、コーチや
ラン友を作ることは考え方次第で可能なはず。



■自分で出来ることを知り、


やらないことを決める。

出来ることや自分固有の知識を人に伝えていけば、
キブアンドテイクも成立するはず。



■自分が持てる価値観、


世界観は大きくないと自覚し、
人の話に耳を傾けていきます。



■一人で走るより、


大勢で走る方が自分を
自覚でき、自分の速度を
理解できるとわかりました。


これからは、一人では走りません(笑)



いつか追いつきます。今日はこの辺で。

「今日は昨日の繰り返しではない」  blog 18th

未分類
06 /13 2015
こんにちは、ガンホーです。

今日は昼から演劇を観てきました。

特定の劇団が行なっているもの
ではなく、市民参加型の演劇です。

歌有り、踊り有り、コント有りの
非常に楽しめるものでした。

年に一度の公演で今回で三回目。

知人の方に勧めていただき、
見に行きましたが、感動しましたし、
色々な気づきがあり、行って本当に
良かったです。

勧めていただいた知人に
感謝感謝です。



■劇中の台詞で頭に残った言葉は、

 
今日は昨日の繰り返しではない。



■昨日とは、


過ぎてしまった時間の塊。

 

■今日とは、


現在進行形の目の前に流れる時間。
 


■機会というものは、


現在進行形の時間上にしかなく、
流しそうめんのように、取れなければ
以上、それまで。



■そして、


時間は想像以上に早く流れて
過ぎていく。



■しかし、


今日という日は昨日掴めなかった
別の機会を掴めるチャンスも
きっとあるはず。



■昨日が、


谷なら、今日は山かもしれませんし、
もちろん、その逆もあります。



■当たり前のことが、


感じられなくなる感覚。
惰性的に生き、小さい喜びも
味わえないことはとても
もったいない生き方でしょう。


今日と昨日は違うのだという
割り切りが、小さい喜びを
掴めるきっかけだと思います。


これからは今日の自分しか、
この世には存在しないのだと
心に刻みます。


いつか追いつきます。今日はこの辺で。

「進歩せよ!」  blog 17th

未分類
06 /13 2015
こんばんは、ガンホーです。


一昨日から突然、ネットがつながらなくなり・・・
原因を調べたところ、料金未払いで回線を
止められておりました(笑)

当初の契約で引き落とし設定にしていたのですが、
手続き上、2~3ヵ月程度の時間が必要だったようで
しかも、振り込み用紙が送られていたのをスルーしており・・・
回線ストップ(笑)

ウルトラスーパー喝であります。

引き続き、ブルース・リー氏の言葉を取り上げます。



■グッときました、

 
全ての武道とは、川下に流れていく水のようであるべきで、
決してよどんではいけない
それは変化する事が目的ではなく、進歩する事が目的なのである。


武道家 ブルース・リー



■変わることは、


以前とは異なる状態になること。

 

■進歩とは、


状態が望ましい方へ進み行くこと。
 


■以前から、


わたしは変わることが最も重要だと
考えてきました。



■変わることができれば、


現状の自分ではなくなるのですから。



■しかし、


それは、間違っていました。
変わるということは、ともすれば、
以前の状態から後退するかも
しれないのですから。



■変わることが、


真の目的ではなく、自分をよりよい
状態へ移行させることが目的。



■変われば、


それでいいという考えをこれからは脳内より消去し、
進歩のみに主眼をおきます。


武道とは武士として守るべき道。
その中の真理を自分も吸収し、決して停滞することなく、
過去の偉人から学んで参ります。


いつか追いつきます、今日はこのへんで

「限界を越えろ!」  blog 16th

未分類
06 /08 2015
こんばんは、ガンホーです。


どんなことでも一つの道を極めた人物の言葉は
心を打ち、気持ちを奮い立たせてくれます。



■例えば、

 
「並みの強さは歯を食い縛る程度の努力で得られるが
それでは人並みだ。並みの強さは努力で誰でも得られる。
だが、その上を目指すのであれば限界を超え続けなければならない。」


武道家 ブルース・リー



■人並とは、

 
何も突出せず、皆と同じこと。
これでは、勝負に勝てません。

 

■圧倒的な


勝利を収めるのであれば、自らが行う
努力は人の倍では足りないでしょう。
 


■なぜならば、


人の10倍努力をしてみても、
結局、自らの限界を越えなければ、
内なる変革を起こせないからです。



■それまでの自分を越えることで、


生まれる感覚と肉体があってこそ、
はじめて内なる変革が起き、リミッターを
外すことが出来るはず。



■そして、


リミッターを一度外せれば、その先の世界が見え、
次に向かうことが出来るはず。



■言うは易し、


行うは難しですが、日々の努力のみが、
新しい世界を開くことができる鍵のはず。



■限界を越えてきた、


先人たちの言葉には、
永久に続くエネルギーが存在しています。

だからこそ、彼らの言葉を大切に、そして、言葉に
宿る魂を感じて、自分も限界を越えていきたいです。



いつか追いつきます、今日はこのへんで

「波紋」  blog 15th

未分類
06 /07 2015
こんばんは、ガンホーです。


目先の利益追求や自己の為だけにお金を
使い続けることは会社や自分の周りの人たちを
ハッピーに出来るのか、日々考えることが多いです。


■利己的に考え、


周りには一切奉仕をしない、周囲を認めず、
自分さえよければいいという考えを持つこと
ひとは多い。



■それでは、


お金と人の意識に広がりが生まれることは
ないように思います。

 

■池にできる波紋は、


投げ込む石が大きければ大きいほど、
生まれる波は大きいはず。
 


■意識とお金も、


同じことが言えるのではないでしょうか。



■出来た波紋は、


広がり続け、色々な方向に広がります。



■そして、


自分に思いもよらなかったことを
与えてくれるかもしれません。



■例えば、


日頃お世話になっている人たちにちょっとした
プレゼントを贈るでもいいでしょう。
ボランティアをするでもいいでしょう。


とにかく恩を自分から発信していく。


そんなことを繰り返していけば、
とても大きな恩になって帰ってくるはず。


損することを恐れず、恩を送っていきます。



いつか追いつきます、今日はこのへんで

「届かない声」  blog 14th

未分類
06 /05 2015
こんばんは、ガンホーです。


会話が成り立たない、いや、自分の意見そのものが
相手に届いていない経験、私は多いです。



■というのも、

 
多くの人生経験、そして、数々の修羅場を潜り抜けてきた人間達、
自分よりもはるか上、絶対的成功を成し遂げている方々、
との会話は、時に、会話のキャッチボールが全く続かない。




■それは、

 
私の肩があまりに弱く、まったく相手にボールが
届かないから。


 
■相手との距離は、


自分の想像を越えるほど遠く、
相手がかすんで見えるほど。
 


■そのため、


どんなに頑張っても今の自分の肩では
相手にボールを届けられない。



■物理的な距離は近く、


隣にいるはずなのに、
実はまったく隣にいない感覚。



■それを感じたとき、


日常を生きる覚悟が自分には
まだまだ足りないとわかった。



■竹刀を持たず、


常に真剣を心に持ち、全力で生きる。



■竹刀で、


どれほど強くても真剣で勝てなければ、
何も意味はない。



■心を震わせ、


身体と精神の細胞を覚醒させる。



■明日からではなく、


この瞬間から、真剣を心に持ち生きる。


こんなことを気にかけて自分に「喝」を
入れていきます。

いつ「あっぱれ」が出るのか・・・
自分でも予想がつかないことがある意味で楽しい(笑)


いつか追いつきます、今日はこのへんで

「人に優しく」  blog 13th

未分類
06 /04 2015
こんばんは、ガンホーです。

人に優しくするということはどういうことなのでしょう。

最近、よく考えます。

■印象に残った言葉

 
「賢くなるよりもやさしくなるほうがはるかに難しいことなのだよ」

 
Amazon.com CEO ジェフ・ベゾス氏
母校・プリンストン大学 2010年の卒業式スピーチより
 
詳細はこちらから
http://logmi.jp/6726



■人は

 
学校に行き、会社に入り、成長します。 
その中で様々なことを学び、経験します。


 
■そして、


賢さを持てば知見も増え、真実に近づきます。
そして、それはまさしく正論。
 


■しかし、


正論こそが本当に正しいのでしょうか。
そして、それが人の心を動かすのでしょうか。

私はそうは思いません。



■それは、


人には心があり、感情によって心が動くからです。



■正論を言わないことは、


簡単なようでとても難しい。


■なぜならば、


自分の持つ真理を人は曲げたくなく、
周りに理解してほしいからです。



■では、


何が出来るのでしょうか。



■それは、


自分が正しいと思っていても、
正論を言って相手が傷つくのであれば、
自分の意見を言わないことでしょう。



■相手のことを考えて、


自分の本音を言わない。


■これは、


我慢ではなく、一つの親切、そして、
大切なコミュニケーション。


こんなことを気にかけて家族や友人、大切な人を
守っていきます。


いつか追いつきます、今日はこのへんで

「中間目標」  blog 12th

未分類
06 /03 2015
こんばんは、ガンホーです。


■最近読んでいます

 
 【森信三 訓言集】
  森信三著


 
に記されていたことをご紹介します。
 
 

■先日と前後しますが、この本の89ページには、
 
 「四十歳という中間目標」
 
という項目が挙げられています。
 
 
 続けて、
「人間も四十頃になりますと、ぼつぼつ人生の終局としての
『死』が見えて来ます。」


 
と記されていました。

 
 
■確かに


自分の人生を80歳とすれば、40歳は折り返し地点。
 


■続けてこんなことも、


「そこで『死』に至るほどの地点に、四十歳という中間目標を定めるわけです。」


目標を定めるか、否かでその人物のその後の大成が決まる。



■これから、


何を目標にし、生きていくか、
結婚、家、子育て、自分磨き、・・・



■これでは、


何に重きをおくか、自分でもわからない状態。


■そこで、


目標とする人物を決めることにしました。



■その方は、


今の自分にとって、遥か彼方の存在。

しかし、それでいいのです。


■なぜなら、

自分にとって高ければ高い壁の方が
登ったとき、気持ちいいから。


某バンドの「終わりなき○」より(笑)


果てしない高みを目指します!


いつか追いつきます、今日はこのへんで

「勉強になりました」  blog 11th

未分類
06 /02 2015
こんばんは、ガンホーです。

昨日は都内某所で行われたイベントへ参加し、
帰りが遅くなり...ブログの更新が出来ませんでした。。。

「喝!!」であります。
最近たるんでおります(笑)


■昨日参加しましたイベントにて


某有名企業の前社長が登壇され、
基調講演をされました。


■講演の中で、
 
 「M&Aの目的とは」
 
という内容を挙げられています。
 
 
続けて、
「従業員の感激、地域社会への貢献、保有技術の拡大」

を目的とされていました。

 
■マネーゲームではなく、


人、技術、そして、社会貢献が優先。

 
■現代のセオリーでは、


利益の追求、そして、短期的な視点のはず。
シリコンバレーなどではそれが常。


■なぜにそこではないのか、


それは、会社というものが、株主のものだけではなく、
すべてのステークホルダー、大切な仲間たちへ
リターンを続ける組織であるという考えに基づくため。


■短期的に考えず、


長い目で見ることが重要であり、
これから可能性のある固有技術と人をみて
M&Aを行う。


■今までは、


M&A=マネーゲームが強く、働く従業員はお構いなしの
印象がありましたが、そうではない実例もあるのだと
勉強になりました。


■結果的に、


買収された会社の固有技術はその後、
産業界に大きく貢献。

買収された会社の親会社はその固有技術の
可能性に気づいていなかったそうです。

買収された会社は売り上げも増加となり、従業員も満足、
地域社会へも雇用の面で貢献でき、みんながハッピーに。


■技術と人の先見性について、


重要なポイントを見抜く力は絶えず、考えを
張り巡らせているから、得られるもの。


■私としては、


絶えず考え、学ぶことをやめないよう、これからも
セミナーやイベントに参加し、脳を刺激していきます!


■それから、


人についても短期的な視点ではなく、何かしらの原石を
もっていることもあるので、長い目で見ることの大切さを
気づかせていただきました。


参加してよかった~!!


いつか追いつきます、今日はこのへんで。

ガンホー

はじめまして!ガンホーです。
ガンホーのFC2ブログへようこそ!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。